HOME > 二次会の幹事に選ばれてしまった! > title - 結婚式の二次会の幹事がまず考えなければならないこと

結婚式の二次会の幹事がまず考えなければならないこと

結婚式の招待状は大抵の場合、式の一ヶ月前あたりに届きますが、二次会の準備も少なくともその頃には動き出して置く必要があります。


具体的にまず考えなければならないことは・・・ズバリ二次会の会場をおさえることですね。なぜなら最近では式の日取り(仏滅等)にこだわらなくなって来ているとは言え、結婚式が行われる日は通常、他にも何組もの結婚式が行われているのが当たり前です。まして大きな会館やホテルが立ち並ぶ場所ともなると、一日に行われる披露宴はかなりの数にのぼるわけです。そしてその日に行われた挙式に参加した人達の2次会がその周辺で一斉に開かれることになると考えると・・・決してボヤボヤしていられないことがお分かりいただけるでしょう。


結婚式の披露宴の雰囲気をそのままに、二次会を盛り上げるためには、やはりそれなりの雰囲気を持った会場を選ばなくてはなりませんし、まして出席者が多数になるような場合には、会場のキャパのことも考慮しなければならず、こういった様々な条件をクリアできるお店はどの地域でも結構限られていると言っても過言ではありません。ですから、当日同時に催される二次会の幹事さんに、たとえ一日でも二日でも先んじておく必要があるのです。


しかし、この二次会の会場をおさえるためには、出席者の人数を把握する必要があります。もちろんこの出席者の人数は、あなたが勝手に決めるわけにはいきません。新郎新婦とよく相談して結婚式の二次会の規模、つまり参加人数・招待客・費用等を決めなければならないのです。とは言え新郎新婦は結婚式直前のとても忙しい身。直接会ってあれこれ相談して話を詰めていくのが最も理想的ではあるのですが、そのために最初の第一歩を遅らせてしまうことは避けなければなりません。


ここは幹事であるあなたが積極的に動くべきなのです。


具体的にはとりあえず会場を選ぶ際の最低限度の事項、つまり結婚式の二次会の参加人数・費用、会場となるお店のイメージ等に関する新郎新婦の意見を電話なりメールなりで聞き、それに基づいて何軒かの二次会の会場候補のお店をリストアップして、あらためて新郎新婦にお伺いを立てるといった方法が良いかもしれませんね。


新着記事
おすすめ!
category : 二次会の幹事に選ばれてしまった! :  | TOP↑